• BIRKENSTOCK SHOP STAFF
  • 2021.09.01
  • LADIES,MENS

【札幌店】2つのフットベッドの違い。

ビルケンシュトック 札幌パセオ

ビルケンシュトック 札幌パセオ

ブログをご覧の皆様、こんにちは!
ビルケンシュトック 札幌パセオ店の吉藤です。
ブログを通して、ビルケンシュトックの魅力を沢山お届け致します!

こんにちは!札幌店の野口です。

 

 

 

北海道の夏も終盤になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

少しずつ気温の変化も大きくなり、そろそろ服装の選び方も悩みますよね。

 

 

 

 

さてビルケンシュトックと言えば、

 

しっかりと足裏を支える、硬さのあるコルクが印象的ですよね。

 

 

 

このコルクベースには、2つの仕様が展開されていることを知っていましたか?

 

 

 

 

●フットベッド(ブラック印字のビルケンシュトックロゴ)

 

 

 

 

 

王道の通常コルクベースで、解剖学に基づいて3つのアーチが施されています。

 

しっかり足裏から支えてくれる頼もしさが特徴です。

 

 

 

 

 

●ソフトフットベッド(ブルー印字のビルケンシュトックロゴ)

 

 

 

 

 

天然ゴム配合コルクベッドとスウェードライニングの中敷の間に、

 

発泡ゴムが取り入れられています。

 

 

 

実は、同じモデルでもこのフットベッドの違いにより、サイズ感が変化することがあるのです。

 

 

 

本日は2021年注目モデルの【キョウト】を例に、サイズ感の違いついてご紹介します。

 

 

 

 

初めに野口の足の特徴について

 

身長は173cmなのですが足は比較的大きめで、

 

右足:42

左足:42

 

人差し指が長いギリシャ型です。

 

ビルケンシュトックではいつも42の幅広を選びます。

 

 

他ブランドでは、

 

スニーカー:2727.5

革靴:26.5cm

 

を選ぶことが多いです。

 

 

 

 

では、さっそく着用画像を使ってみます。

 

はい、ドン!!

 

 

 

 

 

【キョウト/マルーン】

価格:¥19,800(税込)

 

【キョウト/オーク】

価格:¥22,000(税込)

 

 

 

私の若干長さのある右足に通常フットベッドを着用し、お勧めの指先に指1本分のスペースを残して踏み込む姿勢をとると、こんな感じに。

 

 

 

 

 

 

いい感じです!!

 

しっかり、指先のスペースも縁に当たらず、指先を解放できてます!!

 

 

 

続いて、ソフトフットベッド仕様を履いて踏み込んでみます。

 

 

 

 

 

 

おっ、狙い通りの絵が取れています。

 

先ほどの通常フットベッドと比べると・・・

 

 

 

 

 

 

そう!!

 

"指先が縁にあたりそうになっている"

 

本日、お伝えしたかったポイントはここです。

 

 

 

今回着用した結果、若干ではありましたが、上記のようにサイズ取りに影響が出てくることもあるのです。

 

 

特に、中指(3本目)が長いスクエア型の足型には必要な指先のスペースが取れにくくなっていきます。

 

 

 

 

「以前と同じサイズを買ったのに、なんか指先が触れてる感じがあるな?」

 

と感じましたら、

 

実はソフトフットベッド仕様だった!!なんてこともあるかもしれません。

 

 

 

店頭では徐々に秋冬商品へと切り替わり、次回の新しいシーズン品も増えて参ります。

 

 

これからビルケンシュトックに出会っていただける方、すでに興味を持っていただいている方にも、ぜひ参考にしていただき、万人が楽しめる足の快適さをお楽しみいただけますと嬉しいです!!

 

 

 

では、今回はこの辺で。

 

 

次回のブログもお楽しみに!!

ADIOS!!

 

 

 

記事をもう一度絞り込む

  • CATEGORIES
  • TYPE
  • ARCHIVE

CATEGORIES

TYPE

ARCHIVE

PAGE TOP